春と秋の花粉症患者数

花粉症というと春にかかる人が多いというイメージですが、秋にかかってしまう人も多くなっています。原因となる花粉は50種類以上あり、秋になるとヨモギやイネ科の花粉も飛ぶようになるので注意しましょう。既に花粉症で悩んでいる人はもちろん、花粉を鼻からたくさん吸い込んだり、目に入ったりして症状が出てしまうこともあります。そこで普段から花粉にあまり接しないように気をつけて生活することが大切であり、花粉症にかかったら病院で診療を受けてひどくならないように心がけましょう。秋の花粉症の原因となる花粉は背の低い草花となっており、春のスギ花粉などに比べると花粉の飛散数は少ないのですが、道端などで見られる草花が多くなっています。主な症状である鼻水や鼻づまりはアレルギー性鼻炎、目の痒みはアレルギー性結膜炎となっており、体内に入った花粉を排出するために症状が起きるケースが多いです。ちなみに、鼻水や鼻づまりの症状が出ても花粉症ではないということもありますし、鼻炎や風邪などとよく似た症状です。秋の時期は急に寒くなって風邪をひきやすい時期となっているため、気になる症状が出たらできるだけ早く医師による診療を受けた方が良いでしょう。症状が出始めの頃は炎症も軽く、早期に治療することができます。鼻水や鼻づまりは風邪などでも起こるので分かりにくいのですが、花粉症での鼻水は無色で水っぽいという特徴があり、風邪かどうかを見分ける時のポイントとなります。鼻の症状が酷い場合は耳鼻科、目の症状が酷いなら眼科といったように症状に合わせて診療を受けると良いでしょう。内科や小児科でも診察を受けることができますが、検査内容や薬代は病院によって変わってきます。