花粉症とリウマチ治療、気をつけたい食事

花粉症は、アレルギー反応の原因となる物質が体内に取り込まれた時にヒスタミンという物質が分泌され、炎症を起こして目の痒みやくしゃみなどの症状を引き起こします。マスクを着用して花粉が体内に侵入するのを防ぎ、通院や市販の薬を服用することによって、花粉症を予防することができます。また、日々の食事に気を付けることで、花粉症の症状を和らげることができます。ヨーグルトは腸内環境を整え、花粉症に効果があります。豆腐を凝固させる際にしようされるニガリには、目や鼻の粘膜の炎症を緩和する効果があります。リンゴに含まれる成分には、アレルギーの原因物質を減少させる効果があります。ヒスタミンがたくさん含まれている野菜や果物は、サラダなど生で食べると花粉症の症状を悪化させてしまうので、できるだけ加熱して食べるようにします。ホウレンソウやトマトなどの野菜や、バナナやパイナップルなどの果物には、ヒスタミンがたくさん含まれているので注意が必要です。また、ハムやソーセージ類には刺激物質が含まれており、過敏性を高めてしまうので要注意です。トランス脂肪酸をたくさん含むマーガリンなどは、身体の免疫機能を弱めて花粉症の症状を悪化させるので、できるだけ食べないようにします。一方、リウマチ治療を行っている時は、ミネラルやビタミンをバランスよく摂取することが大切です。砂糖やお菓子、果物などはできるだけ食べないように気を付けます。カルシウムとビタミンDを一緒に摂取して骨を強くします。生姜やニンニクなどには炎症を抑える働きがあるので、料理の材料として使えます。大豆などの豆類は、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質を多量に含んでおり、リウマチの痛みを和らげることができます。