花粉症と化学調味料の関係と好酸球性副鼻腔炎

外出中は、多くの花粉が着用している洋服に付着します。
そのため、多量に飛散している場合に外出する際には、毛足が長い素材のコートや上着は避けましょう。
ポリエステル素材で生成されている、化学繊維の洋服には付着しにくいため、花粉症の方には最適です。
ポリエステル素材の洋服に合わせて使用すると良いのが、メガネです。
飛散が多い時期にメガネを着用すると、目に侵入する量を3分の1程度にまで減らすことが可能です。
また、花粉症の方は、可能な限り屋外の花粉が、室内に入らないように気を付けましょう。
屋外の花粉を室内に入れないようにするには、洗濯物や布団を外に干すことは避け、掃除する頻度を高くしてください。
カーペットのような毛足が長い素材の敷物は、花粉を絡めてしまうので、花粉症の方はできればフローリングの部屋を選ぶようにしましょう。
室内に設置する家具も重要で、ソファは布製の物を選択せずに、レザー製のソファを購入すると花粉症が重症化しません。
合わせて、加湿器も用意すると、より一層花粉症にかかりにくくなります。
加湿器を使用して、室内の湿度を高くすると、花粉に湿度が付き、重みで床に溜まります。
空中に浮遊しなくなるので、吸い込むことで、鼻などに花粉症の症状がみられるということがなくなります。
他には、髪の毛や顔に花粉が付着しやすいです。
髪の毛に花粉が付着することを避けるためには、帽子などを着用することで対応できますし、顔の場合は帰宅後洗顔することで対応可能です。
既に、花粉症になってしまっている場合に、欠かすことができないのは、睡眠をしっかりと取るということです。
睡眠をしっかり取ることで、免疫力が高まるので、花粉症に負けなくなります。