花粉症を保健所で相談!アロマペンダントとは

最近では1年を通して症状が出るとも言われている「花粉症」
お悩みの方も多いのではないでしょうか。
薬を飲めば一時的には鼻も止まるけれど、のどが渇いたり、眠たくなったりなどの副作用も大変…。
かといって、レーザー治療などを受けに行くヒマもない…など、悩みは尽きません。

それにくらべ、アロマオイルは、いわゆる「薬」ではないため、体にとても優しいですから安心して使うことが出来ますね。
花粉症以外の症状(認知症予防など)にも使われています。

そんな方にお勧めしたいのが、最近広く知られることとなった「アロマペンダント」
「アロマ」という言葉のとおり、アロマオイルを使ったペンダントのことです。
大きく分けて、ガラス製の小瓶の物とステンレス製の細長い筒状の物とがあります。
小瓶の方にはアロマオイルを直接入れます。
ステンレス製の方にはフィルターがあり、それにオイルを染み込ませて使います。

小瓶の方は、オイルを入れてフタをするわけですから、香りが弱いという性質があります。
しかし、フタをしているわけですから、香り自体は長く続きます。
一方、ステンレス製のフィルターの物は、直接香りが来るわけですから、つけ始めはかなり強く香ります。
香りのせいで頭が痛くなったり、逆にイライラしてしまったりしないように、量を調節してくださいね。
それから、アロマオイルの中には万人受けしない、クセのある香りもあります。
周囲の人に迷惑をかけないようにする心遣いも大切です。

花粉症対策用のアロマオイルとして有名なのが、ティーツリー・ユーカリ・カモミールなどです。
単独で使ってもいいですし、何種類かをブレンドして成分や香りを調節して使うこともお勧めです。
自分の好みに合わせてブレンドした「マイオイル」を使うというのもゴキゲンになれそうですよね。
うっとおしい花粉症。
一度、アロマペンダントを試してみてはいかがでしょうか。