花粉症を皮フ科で治療!喘息との違いは

花粉症は花粉によりアレルギー症状を起こす病気で、最近では特にスギ花粉の花粉症が国民病と言われるほど多くなりました。症状が出始めると洗濯物を室内で干すなどの対策を行います。花粉症の原因の検査方法は、一般的に血液検査で確定診断されます。血液検査は内科の診療所でも手軽に行えることからかかりつけの内科に診察を受けに行く人も少なくありません。以前は花粉症の検査は皮内反応のテストを行うことも多く、現在でも皮フ科でよく行われています。アレルギー症状のうちくしゃみと鼻水が多く、もともとアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を持っている人は花粉の時期には湿疹などの皮膚の症状が悪化します。かかりつけの皮フ科医がいれば、いつもの診察と併せて花粉症の対症療法を行うことで症状を最小限に抑えることができます。身体の負担が少ない治療法として花粉症の時期前より抗アレルギー剤を飲み続けるという治療法がよく行われます。喘息はアレルギー症状の一種で気道が腫れて呼吸困難になり、最悪の場合は生命に危険がある病気です。吸入薬を常備していて自宅でも発作時に応急処置が行われます。花粉の時期にはアトピー性皮膚炎と同様に喘息の症状が悪化します。花粉症患者の場合は喘息発作も起こる可能性もあるし、皮膚のトラブルや、目のかゆみ、鼻水が止まらないなど複数のアレルギー症状が同時に出ることが特徴的です。単に喘息だけの病気を持っている人の場合は喘息発作が主です。また、かかりつけ医が内科医の場合がほとんどで、あまり皮フ科には馴染みがないし、一般的に喘息発作が起きた時にわざわざ皮フ科医の診察は受けません。ただし、皮フ科でも内科でも使用する薬剤は量の違いは個人差があるとはいえ同じ効果がある薬剤を使用しています。信頼している医師の継続した治療を受ける事が肝心です。