2016年の花粉症対策とファディア株式会社

日本気象協会から2016年の花粉情報が早くも発表されました。
2016年は、スギ花粉が猛威をふるい、前シーズンと同等、または上回る地域が多いとされています。
関東甲信越地方、中国地方では前シーズン並みの飛散量となり、北海道や東北地方、北陸地方では下回ると言われています。
一方、東海地方、近畿地方、四国地方、九州地方では前シーズンの飛散量を上回る予想で、この地域に住んでいる人にとっては、今から考えるだけでも憂鬱になりそうですね。
花粉の飛散量は、夏の気象条件が大きく関係し、夏に気温が高く日照時間が多い場合には、花芽が多く形成されるため、翌年の春の花粉飛散量が多くなります。西日本は全体的にそこまで暑くならずに雨が多く振ったため、日照時間が例年に比べ少なかったので、そこまでひどくはないかもしれません。

花粉症は3人に1人がかかっていると言われている国民病です。
スギ花粉のピークは2月中旬~4月中旬、ヒノキ花粉は3月中旬~4月中旬となります。ただ花粉はピークよりも早い段階から飛散しているので、花粉症の人はピークよりも早い段階から対策をとる必要があります。

ファディア株式会社は、アレルギー疾患や、喘息、自己免疫疾患の管理を向上させるために活動しています。
アレルギー診断薬の世界最大手であるPhadiaABの日本法人で、全自動アレルギー検査装置の先生品を販売しています。
花粉症を含め、アレルギーで苦しんでいる人の数は、世界でも増加の一途をたどっていて、日本でも鼻水やかゆみを伴うアレルギー性疾患症状を呈する人が年々増えています。
アレルギー性疾患に対しては、できるだけ総記に治療を開始することで、慢性化することを抑え重症化も防ぐことができます。
ファディアの全自動大型アレルギー検査装置によって、多くのアレルゲンの種類の特定が可能となり、アレルギー検査処理の重要な一翼を担っています。